QRコード

特定健康診査

 40~74歳の保険加入者を対象として、全国の市町村で導入された新しい健康診断のことです。一般には「特定健診」や「メタボ健診」という名称で呼ばれることが多くなっています。
 特定健康診査は、糖尿病や高脂血症、高尿酸血症などの生活習慣病の発症や重症化を予防することを目的として、メタボリックシンドローム(※)に着目し、この該当者及び予備群を減少させるための特定保健指導を必要とする者を、的確に抽出するために行うものです。

(※メタボリックシンドローム…内臓脂肪型肥満と糖質や脂質などの代謝異常、または高血圧が合併した状態。 心臓血管系の病気の原因にもなります。)

診療時間

・診療時間終了の1時間前までの受付となっております。
 診療時間についてはこちらのページをご覧ください。

持ち物

・特定健康診査受診券(発行に関してはご加入の健康保険へお問い合わせください。)
・健康保険証

内容

1.問診表記入(生活習慣、行動習慣)
2.尿検査
3.血圧測定
4.身体計測(身長、体重、腹囲、肥満度、BMI
5.血液検査(中性脂肪、HDL・LDLコレステロール、GOT・GPT、γ-GTP、血糖、HbA1c)
6.診察(身体的所見)
7.(医師の判断で選択的に実施する項目…心電図、貧血検査、眼底検査)



特定保健指導

特定健康診査の結果から生活習慣病の発生リスクが高い方に、管理栄養士による特定保健指導を実施できます。 自らの健康状態を知っていただき、生活習慣の改善の方法を一緒に考えていきます。

持ち物

・特定保健指導利用券(ご加入の健康保険により制度が異なります。)
・特定健康診査の結果
・健康保険証

内容

・動機づけ支援(個別支援を行い、6ヶ月後に支援の継続状況を確認します。)
・積極的支援(3ヶ月以上の継続的な指導を行い、支援の継続状況を確認します。)



PAGE TOPへ