QRコード
ホーム > 乳腺外科 > 治療について
治療について
手術
良性腫瘍の手術

乳腺腫瘍摘出術
腫瘍だけを摘出します。局所麻酔による小手術(日帰り)です。

乳管腺葉区域切除術
乳頭分泌をきたす乳頭腫(症)などの良性腫瘍、或いは乳癌に対する手術で、病変を含む乳腺腺葉を系統的に切除します。全身麻酔(入院)で行います。


乳癌の手術

乳房部分切除術、乳腺全摘術、胸筋保存根治的乳房切除術
乳房にできたがんを切除するために行います。がん組織を含めた周りの正常組織を同時に切除します。切除範囲は乳房内でのがんの大きさや広がりによって決められ、小さい場合は乳房部分切除術、大きい場合は乳腺全摘術となります。腋窩リンパ節に転移が疑われ、リンパ節郭清術を同時に行う方法を胸筋保存根治的乳房切除術と言います。
センチネルリンパ節生検
腋窩リンパ節に転移がないかどうかを調べます。当院は色素法を用いています。2011年までのセンチネルリンパ節の検出率は97.5%、検出できなかった場合は4node biopsyを行っています。術中の迅速病理組織学的検査で転移が認められない場合は腋窩リンパ節を省略しています。


ご入院される方はこちらをご覧ください。

ページTOPへ