QRコード
ホーム > 理念

院長の宮木康成です。医療法人緑風会 「岡山大福クリニック」は地域の皆様に支えられながら皆様に温かみのある良質の医療を提供しようと歩んでいます。

隣接する三宅医院を母体とする三宅グループの一員として、ハロー歯科に引き続き岡山大福クリニックは開設されました。開設当初以来の内科、眼科、リフレなどに加えて、2007年1月からは女性の健康をとりわけ専門的に扱う方針とし、ウイミンズヘルスケアとして婦人科(特に内視鏡手術;腹腔鏡手術および子宮鏡手術)と乳腺外科を開始しました。さらに画像診断部も同時に新設して最新のMRI機器やデジタルマンモグラフィーを導入しています。当院は、人間ドックなどの検診から、手術による治療、抗がん剤治療およびその後のケアにいたるまで対処しております。また各種の専門医・認定医の診療をご提供しコンパクトな組織ならではのきめ細やかな医療を行っています。そしてこれらをさらに充実・発展させようと職員一同が日々取り組んでいます。2014年(平成26年)からは火曜日午前中に脳神経外科専門医によって外来で頭痛やしびれのある方への診療も加わりました。それから岡山大学病院や川崎医科大学病院を初め、岡山県南部の多くの基幹病院や近隣の医療機関と連携しています。

当院ではそれ以外のあらゆる女性の健康なライフスタイルの維持のお手伝いを目指しています。また婦人科検診や乳癌検診をそれぞれ女性医師や女性技師が担当できるようにしています。もちろん男性の方も、病気の時はもちろん人間ドックであれ脳ドックだけであれどうぞご利用ください。皆様にとって身近なクリニックとしてご来院いただき、そして健康で生きる喜びを感じていただければ幸いです。 診療のご予約をご希望される場合は専用番号 086-281-2047 またはインターネット予約 https://www.ooc-reserve.net にて承っております。
医療に従事する私達にとっては患者さんに喜んでもらえることが生き甲斐であります。ですから私達は皆様の訴えに傾聴し真心をもって接し、皆様に納得し満足していただけるようにつとめていきたいと思っています。
岡山大福クリニックは、これからも地域の皆様のご期待にできるだけ応えられますように真摯に取り組んでいきます。

2016年 4月
岡山大福クリニック院長 宮木康成
方針
医療水準を高め、患者様(顧客)の信頼と満足(感動)を得る
トータルライフをサポートするために、継続医療を目指す
健康としあわせ作りを支援して、社会に奉仕する
医療人として自己を研鑽する
目標
患者様主体の医療を行ない、クレーム「0」を目指す
(選択・納得・感動・満足・感謝)
チーム医療・継続医療の展開を図る
(関連診療科・役割分担・専門職能集団によるチーム医療・継続的関わり)
最新医療への取り組みを図る
(専門化診療・内視鏡下手術・ブレストケア・最新化学療法・生活支援・健康支援・健康教育・予防医学)
スタッフの知識と技術の向上を図り、職場環境の充実を目指す
(教育研修・仲間意識・チーム力・自信と誇り・やりがい)
自己研鑚に励み、バランスのとれた医療人を目指す
(誠実・温かさ・意欲・責任感・協調性)

PAGE TOPへ